瑛司とブログ

瑛司です。ガジェット委員会の続きです。ガジェット情報を書くと思います!!他にも色々と書いていこうと思います。Twitter @Norah_Kake https://mobile.twitter.com/Norah_Kake theredswing501@gmail.com

私の相棒の歴史 #スマートフォン #Apple #TOSHIBA #SONY #ZTE #ASUS #GALAXY

私が携帯電話と言うものを持つようになってからもう少しで10年になります。

 

本当に様々なメーカー、形の携帯電話やスマートフォンにお世話になりました。

 

まず最初に使用した携帯電話が…

 

au ソニーエリクソン(現ソニーバイル)

W53S (2008年〜)

 

こちらの携帯電話は、折りたたみ式の携帯電話です。真ん中の部分が、ローラー式になっており、カーソル移動が非常に楽であったと感じました。一番最初に持った携帯電話としては凄く良い端末だと感じました。

 

 

次にau 東芝 biblio(2010年〜)

 

こちらの携帯電話ですが、見た目はスマートフォンみたいな形です。当時はスマートフォンがまだ普及されていない為、珍しい存在でした。

 

ただ当時のbiblioは、当時発売されたiPhoneとは似て非なる端末であり、スクロールが非常にモッサリとしており、本当に使えない端末であると感じました。皆さん。見た目では騙されてはいけませんよ!!

 

そして時代はスマートフォンへ….

 

私も2011年頃からAndroid端末やiPhoneシリーズにお世話になり、現在に至ります。

 

まずAndroid端末はiPhoneとは違い、沢山の個性を持った機種が多いと思いました。

私が最初に主回線として購入したauTOSHIBA REGZA Phone IS04(2011年〜)

 

これはもう本当にダメダメ機でした。

赤外線やワンセグおサイフケータイの様な、従来の携帯電話で使えた機能は使えるものの、レスポンスが悪すぎました。


何かあるごとにバクが発生したり、再起動が起きたり…

端末が安いから買ってしまったのですが、安いから購入すると言うのがいけないと言うのを良く良く知る事が出来ました。あとは…"安心の日本製"とか"〇〇ブランドは良い"と言う考えを捨てられる事が出来ました。

    端末としてはダメでしたが、その後の人生の考え方を変えさせてくれた機種でしたね…

 

次に購入した機種が…

   モトローラ社製のau IS12M(2013年〜)

モトローラ Razr Mとも言いますかね!!

 

  もう一つタブレット端末としてモトローラ XOOMも使ってました。
  まずはモトローラ XOOM

 REGZA Phoneが全然使えなかった為、代役としてモバイルルーターを使用しながらXOOMを使用しました。</b>

 

 こちらの端末は、先ほど書いたREGZA Phoneとは違い、サクサク動きましたね〜!!

 

  タブレットの使い方は、その頃全然分かりませんでしたが、REGZAとは違ってYouTubeとかニコ動等動画を沢山の見たり、ネットサーフィンをしたりと大車輪の活躍をしてくれました!!

 

 その影響もあって、スマートフォンモトローラ製のIS12Mに機種変しました。

IS12MもXOOM同様にサクサクと動き、付属イヤホンでYouTubeを見た際は、高音質で最高でしたよ!!

 

 

その約半年後…

 

2014年3月

私はMNPを初めて行使しました。

 

行き先はドコモ。

 

そして、端末はiPhone5S

 

初めてのiPhone

 

白ロムで、MP3用の端末としてiPhone4を所有していた時代はありましたが、スマートフォンとして持つことは初めてでした。

 

個人的感想としては、憧れていたスマートフォンであった為、操作のし易さに感動した事を覚えております。 そのお陰か、こちらの端末からTwitterfacebook、ネットショッピング等のスマートフォンで行える操作を全て行うようになってしまいしました…良いのか悪いのか??

 

 

 そして2014年より格安SIMを2回線目として運用する様になりました。回線はBIGLOBE

  その際に使用した端末ですが…

  LGエレクトロニクス製のOptimus G

  L-01E(2014年〜)

機種としては、画質が良くレスポンスもクアッドコア搭載の為、以前使っていた端末よりもサクサク動き、アプリの起動やアップデートも早く、良い端末でしたよ!!それに使わなかったですが、日本のおサイフケータイや赤外線、ワンセグも使えましたし!!

 

2015年に入り…

ASUS Zenfone5をDMM mobileにて購入しました!!(2015年〜)

 

 

 

 



 

この端末は、初のシムフリー機で日本の従来の携帯電話にあった機能はありませんでした。

ただ、それでもASUSと言うブランドを知らなかった私にとっては使いやすいAndroid端末であると考えています。勿論現在も使用していますし、今後日本にて発売されるであろう"Zenfone3"にも期待をしています!!

 

そしてもう一つ。

ZTE製 gooのスマホ g03

ZTE Blade S(2015年)

 

 

 

 

 こちらは、カメラ機能や音楽機能に特化しており、最初の頃はカメラや音楽機能ばかり使っていました。

音が兎に角良い!!カメラもソニー製のモノを使っているから綺麗に撮れるんですよね!!

こちらの端末は、"gooアンバサダープログラム"と言うモニターにてレビュー用にgoo様より提供されました。

 

こちらはiijmioやnifmoのMVNO回線にて契約させて頂きました。

 

IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043

IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043

 

 

 

 

 

また元GALAXYアンバサダーという事で、GALAXYシリーズの端末をお借りしたこともありました。

 

そしてそして…現在は

iPhone 6S Plusをメインとして、Zenfone5をサブとして使用しております!!

 

iPhone 6S Plusの場合は、MVNOのmineoのドコモ版を回線として使用しております。

 

毎回毎回イジッでいて感じることは、日々iPhoneAndroidは進化しているという事です。

 

これは使っていて思う。今や最新のZTE Axon    7なんて、RAM6ギガが搭載されているんですよ!!ノートパソコンの中でもRAM6キガは凄いんじゃないか??

 

 

 ただ日本の端末が少なく、海外製の端末が進化している事に残念な点があります。

 

日本では8年の間に、TOSHIBAPanasonicNECそしてCASIOがスマートフォン事業から撤退してしまいました。

 

海外製のAndroidiPhoneの進化を見てしまうと、日本がどうしても遅れている感があるんですよね…

 

 確かに良い面もあります。色彩認証や指紋センサーに取り組んだり、従来の携帯電話機能を何とか入れようと頑張ったり…まぁそれが余計になったり…

 

ただ同じ日本製のSONY Xperiaを見ていると、まだまだ日本は頑張るぞと言う所も見えます。Xperiaであれば、音楽のハイレゾ機能やデザイン等…

 

シャープも富士通に関しても独自路線を展開しているように感じます。

 

また、新興企業であるfreetelやUPQ等の新しく端末を投入している日本企業にも注目しています。

 

機能も大切ですが、端末の魅力を思う存分日本の企業には出して頂きたいです!!ただ力まない程度に!!

 

長らく書いていきましたが、これだけ色々書ける程スマートフォン、携帯電話には魅力があります。

 

今後もこのブログでは、Android端末やiPhoneの魅力を伝えていきたいと思います。

 

 

長らくのご観覧ありがとうございました!!

 

  最後までご観覧頂きまして、ありがとうございました。このブログの質問等はメールにて受け付けております。
私のmail:

theredswing501@gmail.com

 

 

 

お題「ケータイと私」