瑛司とブログ

瑛司です。ガジェット委員会の続きです。ガジェット情報を書くと思います!!他にも色々と書いていこうと思います。Twitter @Norah_Kake https://mobile.twitter.com/Norah_Kake theredswing501@gmail.com

仲が良い。 でもそれが本当に良い事なの??ブラック企業や宗教勧誘に負けない為の話 #ブラック企業 #宗教勧誘

昨日のブログでは時間が有限だと言うことの話をしてきました。

今後、このブログでは自分の人生経験上で苦労した点に関して、皆さんが同じ状況になってしまった場合に回避できる方法等があればお話をしていきたいと思います。

 

さて・・・今回は仲間について。

 

皆さん。本当に信頼できる仲間はこれまでの人生の中で何人いますか??

 

たぶん私に関しては、殆ど居ないと話してしまうでしょう。

両親と数人の友達くらいです。あっこれ就職や転職の面接で聞かれることがあるので覚えておきましょう。

 

世の中には本当に色んな人が居ます。

 

暴言や暴力、馬鹿にしてくる人。

無神経な人。

そして優しい人。

 

本当に色んな人が居ます。

 

そんな中で皆さんにも仲間が居ると感じます。中には居ない人もいるのでしょうか?居るはず。

 

でも中には優しさにつけ込んで、仕事を増やす人、自分の利益のために宗教やビジネスに勧誘する人もいるって言うことを忘れてはいけません。

 

これは本当に大人になれば大人になるほど出てきます。

 

例えば音信不通だった友人が久しぶりに目の前に現れて親しげに話してくる人が居ます。

結局話の内容を掘り下げていくと・・・

宗教勧誘・・・

ビジネス勧誘・・・

なんて事があります。

 

私の人生の経験では2回ありました。

1回目は完全に私の負けでした。

友達から新しい友達を紹介すると言う名目からその※紹介された人に会いました。

 

※実は友達は宗教勧誘する人だったとは思わなかったらしいです・・・

 

最初はかなり親しげに学校の話等々で和んでいきました・・・

その後・・・急に”何か困ったことない??”と心配そうな声がけをしてきたのです。

 

すると話は宗教の話に入り・・・

 

”俺は創○学会ではない良質な○○会の人なんだけど・・・”みたいな話になりました・・・

 

当時の私は世間知らずだったモノで、断れば何かが起こる・・・

風貌も怖いからやられる・・・なんて事でOKしてしまいました・・・

後日すぐに気づいてくれる人がおり、何とか直ぐに抜け出すことはできましたが・・・

 

私のその宗教勧誘の人だけでなく友達が本当に信頼できなくなりました。これは大学1年の頃の話なので、卒業するまで色々と友達に関しても警戒しながら関わったことを思い出します。

 

もう一つのビジネス勧誘に関しては・・・

小中学生からの旧友でした。ただ旧友に関してはそこまで仲が良くなかったので、SNS上で久しぶりに話をしたりして・・・”久しぶりにしても何か親しげだな・・・”なんて怪しい感覚を持つことができました。

 

結局その人に2回食事に誘われました。1回目の飲み会の乾杯の際、ジュース缶を見ると・・・

見覚えのあるビジネス系の栄養ドリンクジュースでした・・・・(アムウ○イ)

1回目の食事に関してはそれに関しては特に触れてはなかったのですが、何か怪しいと感じる点がありました。

 

そしてその数日後・・・2回目の食事に誘われました・・・

 

話は色々な世間話から始まったのですが・・・・

 

急に”稼いだり、沢山旅行したくない??”みたいな話を振られました・・・

 

すると相手の営業トークが始まり・・・

 

”アムウ○イの世界は凄い世界だ。奥が深い。今度教えてあげるよ。決してネズミ講ではないよ”みたいな話になりました。

 

んで結局ここでは断っても終わることがなさそうなため・・・

”うん。面白そうだね!!是非知りたいよ!!”とだけ話して、その場を終わらせました。

 

ただ即日メールにて”さっきの話時間がないから話が聞けない”みたいな事を送って終わりにしました。特に連絡も無かったので何もしませんでしたが、もう少し対処法の勉強をすれば良かったと感じることもありました。結局電話番号をブロックしたのかな?

 

こんな感じで、どこに引っかけがあるのかが分かりません。

 

んで・・・まだ一つ話してなかったよね・・・

 

そう仕事の話。

 

仕事に関してもいろいろとありました。

 

特に上司に反抗しない場合は、良い部下、仕事がしやすい部下だと思われます。

ただ、これが痛い目に遭うことがあります。

 

そう。仕事が増えるのです・・・

 

出世が約束されるなら良いじゃない??

 

そう思うでしょ。

 

じゃあ・・・

仕事場の人数が半分減って、新しい従業員半分投入された場合はどうすればいいでしょうか??

 

実際ですが数年前の3月に私の会社では職場の半分が退職と異動があり、残りの人で新人を教えると言う事が置きました。血の入れ替えですね・・・

 

結局その当時の中間がやられる事になりました・・・

 

私の場合のサービス業は主に早番、遅番、準夜勤、夜勤と分かれています。

 

当時の上司が考えたのは・・・

早番と遅番の人数を増やす・・・いや増やせないので早番と遅番を一緒に1ヶ月まるまるやって貰うという判断でした。馬鹿じゃないのかとあきれかえったのを思い出します。

 

つまり・・・私は朝6時から夜9時まで自分の仕事をしながら、後輩の指導をしなければならないと言う仕事を1ヶ月やらされました。

 

当時断ることもできましたが・・・

あまりにも仲良く上司と接する事が多くなってしまい断れなくなってしまったのです。

勿論全ての残業代が出ることもなく、意味がない仕事も多かった気がします。

 

あまりにも悔しいため、当時の勤務表を未だに残してあります。まぁこのブログにも文章として残しましたし!!

 

 

こんな感じで仲が良いという点は全てが良い結果に繋がると言うわけではないと言う事を今回は話をしていきました。

 

確かに仲間が居るという点は、不安なときに助かるときもあります。ただ希に痛い目に遭うこともあります。なので、仲間選びは慎重に行ってください。当時の上司からはこんな事を言われました・・・”怪しいと思ったら疑え”

 

結局ブラック業務を作った上司が言ったことなので皮肉ですね・・・

 

とにかく自分で危ないと思ったら、それが正しいのかも知れません・・・