瑛司とブログ

瑛司です。ガジェット委員会の続きです。ガジェット情報を書くと思います!!他にも色々と書いていこうと思います。Twitter @Eiji_Kakegawa https://mobile.twitter.com/Eiji_Kakegawa theredswing501@gmail.com

【PR】Zenfone Max Pro M2がやってきた!! モニター編

先日投稿したASUS JAPANの公式ファンクラブのA部のイベント。

Zenfone Max Pro M2がやってきた!! イベント編 - 瑛司とブログ

そのイベントよりASUS Zenfone Max Pro M2をお借りする事が出来ました。

早速使わさせて頂きました。

かなり難しい話ですが、コストパフォーマンスの高いスマートフォンの印象です。


やはりMaxと言う名の通り、大容量のバッテリーは、スマホのヘビーユーザーにとっては有難いです。

YouTubeや様々なコンテンツを使用しても、バッテリーが減りません。

やはりバッテリー5000mAhは魅力的だと感じます。しかも持った感じとしては、大容量バッテリーにしては凄く軽い印象でした。

この端末の良いところはそれだけではありません。AI機能 のついたデュアルレンズです。

撮影例1:

AI機能とは、食べ物や風景によって、最適な撮影が可能な機能です。これはカメラが好き な人にとってはたまらない機能だと感じます。

こちらは夜間モードにて街の写真を撮影させて頂きました。

撮影例2:


指紋認証や顔認証も搭載されております。

個人的に感じた事は、どちらも素早くロック解除をしてくれます。

マスク等を着用するのであれば、指紋認証

手軽に使いたい場合は顔認証と言った印象です。

またマルチキャリア対応 で、ドコモ、auソフトバンク のSIMに対応したSIMフリー端末 です。デュアルSIMなので、SIMが2枚も入ります!!更にSDカード まで入ってしまうトリプルスロット 対応です。

お借りしている端末ですが、個人的にはそのまま欲しい端末です。

一方欠点と言いますか、頑張って欲しい点もあります。

1.microUSB対応である。
現在のAndroid端末は、TypeCケーブルに移行する動きが加速している状況でのmicroUSB対応。

充電を何度かさせて頂きましたが、体感的にはTypeCと比べてしまうとゆっくりな印象です。

2.音が篭る?
大容量のバッテリーで、YouTubeSpotify等のエンタメサービスを使う機会が増えると思います。

ただ、実際使った印象はクリアな感じな音をもう少し出して欲しい印象です。
Zenfone4ユーザーから見てしまうと、デュアルスピーカー非対応の端末は、音が若干悪く聴こえてしまう印象でした。

この2つ以外は、凄く楽しめるスマートフォンでした。


最後にこれを使って感じた事は…

やはりアジア系のSIMフリー端末の発展は進んでいるのだと感じました。

名の通りMax と付いている為、バッテリー 持ちは素晴らしいです。YouTube や音楽鑑賞 等を長く楽しみたい方にはピッタリなスマートフォン です。